佐賀県杵島郡白石町の久野歯科クリニック

ヘッダー電話番号

車10台駐車可能

久野歯科のロゴ

年末年始のお知らせ

2019-12-02

12月28日~1月3日 休診です。 1月2日は、休日当番なので午前中のみ開けます。

あっという間に、令和元年が終わろうとしていますね。今年は、天皇陛下のニュースも過去最高の報道だったと私は感じました。改めて、私達は日本人なんだと、感じましたね~!世界のどこにもない、天皇陛下の歴史・日本の歴史をもっと大切にしていかなければならないと思いました。

今年は、12月28日からのお休みに入るわけですが、28日は大好きなライブに行ってきます。昨年末は大阪でした、今年は神戸でファイナルツアーに参加してきます。
仕事も、家族も、楽しい事もみんな大切。生きていくためには私が求める欲求を満たさないと自分が幸せになれないですからね!! では、皆さまも残り少ない令和元年、良い年にしましょう!

院長 久野麻弓

歯科助手の仕事事情① ~定期健診で来院の方のグッズ管理~

2019-11-01

今日は、定期的にお口のクリーニングや健診で来院していらっしゃる方の、個人的な用品の管理を紹介します。

こうやって、小さなグッズを、洗って、薬液につけて、超音波洗浄して、一人分づつ、袋に入れて滅菌します。とても手間のかかる作業です!!優秀なスタッフが真面目にしっかり管理してくれています。滅菌して衛生的な管理をするのは当たり前ではありますが、このような事をしてくれるスタッフに感謝です。

当院には、スタッフ一人一人に、役割があり、皆がそれぞれ機能することによって当院は成り立っています。どの仕事も大事な大事な仕事です。スタッフの皆さん、ありがとう!感謝感謝。

「早期発見、経過観察」・「削る」から「管理」へ

2019-07-08

レーザー式う蝕検出装置

久野歯科クリニックは、歯が無くなった方の入れ歯も得意ですが、予防には“特別に”力を入れています。歯が無くなってしまった方の悩みを聞き続けて来たからこそ、虫歯の無い20歳の若者を世の中に多く輩出したいという思いを強く抱くようになりました。

そこで(やっと (^^;))、久野歯科クリニックに最強の虫歯精査探知機が2機やってきました!「ダイアグノペン」と「ダイアグノカム」と言います。「レーザー式う蝕検出装置」です。
レントゲンではわからないレベルの虫歯があったとします、それを削るべきか、経過観察するべきか、機械が数字で教えてくれます。

私は、歯を削るのが大嫌いです。仕方なく歯を削ります。特に子供の歯は、基本的に削りません。乳歯は特に、虫歯の穴にお薬詰めて後は定期検診。大事なのは、【虫歯を作らないぞ!】という思考の子供に育て上げることです。

そうすれば、永久歯が生えてきて乳歯は無くなり、残るのはピカピカに磨かれた永久歯!その後は「定期検診、予防、歯を守る」という考えが残るので、虫歯の大人にはならないってことです。

これからは、この2機を活用して、ますます、虫歯ゼロの子供たちを作っていきたいと思います!

お悩みご相談ください!

2019-03-11

昨日は、このような研修会に行ってきました。がんの患者さんだけでなく、色々な病気をお持ちで毎日を過ごしていらっしゃる方は、(私が知らないだけで)この町にもたくさんいらっしゃると思います。

私は、普段は歯科医院に通院できる健康な方だけを診療していますが、傍ら、ご自宅や施設に伺い歯科診療も行っています。

 

しかし、問題が一つあります。それは、依頼がないと行かない?行けない?ことです。

一般の人は、自分の親の口の中を見たことがありますか?ないですよね。びっくりするぐらい汚れている方もいらっしゃるでしょう、ピカピカの方もいらっしゃるでしょう。そんな事、家族は普通は知りません。

身体の異常は、検査結果や家族の日常を見ていれば気づき、本人に頼まれたら病院に連れていき治療をします。

目に見える症状のある病気に対してご本人も家族も治療に専念するのは当然のことです。がしかし、身体の治療に専念すると同時に、お口の中はどんどん悪化していきます。

 

とても汚れて悪化したお口の中で、重度の歯周病の歯があれば、小さい傷もあるのは当たり前で、その傷口から歯周病菌は血管内に入り全身を流れることになります。

細菌が肺に入れば誤嚥性肺炎になり微熱が続いたりします。お口の中が荒れてくれば痛みも出始めますが、やっと初めて歯科医院に行かなきゃね、となる場合と、仕方ないさ…で終わってしまう場合と、考えられますね。私達、歯科医師に依頼があるのか無いのか、分かれます。また、依頼があった歯科医院が対応できるか否か、そこにも問題が出てきます。

 

高齢になり、長期的な治療が必要な病気になれば、後回しになってしまうお口の中。

しかし、最後には、汚れて乾燥したお口が痛みや出血など、ご本人の苦痛を生み出してしまう原因になってしまいます。

そのような事態に土壇場になって気がつくより、事前に対応して大事になる前に対処して欲しいと願っています。

お口の悩みが発生する前に、ぜひ、歯科医院に気軽に相談にきてください! お待ちしております!

院長 久野麻弓

あけましておめでとうございます。

2019-01-08

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

忘年会の時の写真をあげてみましたが、食事が美味しくてお腹が空いていて…、すべて食べ終わった後という始末でした!

今年も、スタッフみんなで助け合い支えあい、来院してくださる方々の健康のために笑顔で頑張ります! よろしくお願いいたします!

院長

年末年始 休診日のお知らせ

2018-12-13

 

久野歯科クリニックの休診は下記の通りとなります。

12月28日 平常通り
12月29日~1月3日 休診
1月4日   平常通り

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

お正月休みは不規則な生活になりますね。沢山食べたり、飲んだり、夜遅くまで起きていたり、生活が乱れがちです。

特に子供たちは…こっそり…歯みがきをしていなかったりします! 美味しいもの沢山食べたら、キチンを歯みがきしましょうね!

年が明けたら、元気な笑顔でお逢いしましょう!来年もよろしくお願いいたします。

院長 久野麻弓

仕上げ磨き

2018-10-23

子供の歯がでてきてから、ほぼ毎日仕上げ磨きをしていますが、子供によってしやすい子、しにくい子と3人もいると同じようにはいきません。

毎日の仕上げ磨きをしてきて約10年間、自分の子供を磨いてみることでの苦労するところもあり、来院されている親御さんのお話を聞いてみると共感するところも多々あります。

ただ説明をするだけでなく、自分の経験をもとに患者さんに寄り添った説明ができたらいいな!と思い同じように苦労している親御さんのお役にたてるとうれしくなります。

今のところ3人とも仕上げ磨きはきちんとできているので虫歯ゼロです。下の一番奥歯の裏側と上の一番奥歯の外側は子供にとって歯ブラシを当てにくい部分になります。ポイントだけでもおさえておくと、仕上げ磨きも少しはラクになりますよ!

歯科衛生士 島

高校生を採用内定しました

2018-10-15

こんにちは、久野歯科クリニック 院長の久野麻弓です。

歯科助手として、4月から高校生を採用します。今日、彼女から、それはそれは…丁寧な字で書かれたお礼の手紙が届きました。
彼女の字は、履歴書も心打たれるレベルの丁寧な字でした。文字の一つ一つに心がこもっている、相手に対する尊敬の念が伝わってきます。

この高校生を採用するという事…、まだ彼女は18歳、我が子よりも年下です。
とても責任を感じます。
私が社会人として人として育成していく事、社会から預かってこの職場で教育する事、ご両親からお預かりする事…、我が子を社会に出して初めて、採用の事の重大さに気がつく今日この頃です。(今ごろになってです。お恥ずかしい)

高卒で社会にでる子供達、世の中知らないことだらけです。
でも世の中に、毎年どれぐらいの高卒就職の子供たちがいるのでしょう。
この夢と希望と不安を持つ子供たちを、どれぐらい「働くことって楽しい! おもしろい! ワクワクする! 」って感じてもらえるようにできるのかなあ。

私が目標とするスタッフ教育は、スタッフが40歳50歳になった頃、「人生って楽しい!」って思える生き方ができる人間になれるようにお手伝いする事です。
私に出来ることは、歯科医療を通じて仕事のやりがい、生きがいを見つけて、子供のお手本になれるような親になってもらうお手伝いをする事です。
母親の明るい家庭って、だいたい明るい家庭じゃないですか。という事は、女性が輝く職場は、その背景にある家庭も明るくなるに決まってる!
だから、これからの採用は、私の人生を懸けた採用になっていきます。

安心できる、安定した職場作りに欠かせない、採用。
採用する方々を、わが子供と同じ思いでこれからも見守っていく事を肝に銘じてますます育成に力を入れていきます!

母校に挨拶に伺いました

2018-10-10

歯科衛生士の小池です。
就職して、半年が経ちました。毎日たくさんのことを学ばせていただいています。

7月に私の母校である九州医療専門学校にご挨拶に行く機会を院長にもうけていただきました。

学校では、先生方から温かく迎えていただき、最近はどうなのか、また、なにか困ってることはないかと親身になってお話を聞いていただきました。

こうして、自分をおもってくださる先生方の存在や、学生時代に出会ったクラスメイトの存在は私の中でとても大きいものです。

7月はまだまだ自分のことに精一杯な面もあり、不安なことも多くありました。しかし、最近では改善点をしっかり見直し、焦らず、ひとつひとつ確実にやることを目標にやっています。

練習に付き合い、ご指導くださる先輩、院長には感謝してもしきれません。

これからも、目標をしっかり立てて、成長するようにしていきたいです。

歯科衛生士 小池

訪問歯科診療

2018-07-06

90年以上続く当院では、子供のときからずっと通ってきてるよ!という人が多く私も20年というお付き合いの患者さんがたくさんいらっしゃいます。

その中でも80歳を超えた頃から、最近来なくなったね・・と思ったら施設にはいったりお亡くなりになられたり、と高齢化が進むにつれて来院するのが困難になってその人の口の中や義歯の状態が心配になることがよくあります。

現在、定期検診に来られている人の中にも「診てもらいたいけど施設にいて来ることが困難になった」という人には、私たちが自宅や施設に行って、お口のケアをする訪問歯科のお話をして、診療に伺うという形にかえていってます。

訪問歯科にかえるというのも、 院長の思いが今まで何十年も診てきた患者さんの口の中は最後まで診たい!!という思いがあり、また口腔ケアをすることで全身に与えるメリットもあります。

訪問には院長と訪問担当衛生士の島が伺うので、患者さんも見慣れた顔が行くため、安心して治療やケアを受けてもらえます。

久野歯科で今まで診てもらっていたけど、まったく口の中は専門の人には診てもらってないね!と心当たりのあるご親族さまがおられる方は気軽にご相談ください。

歯科衛生士 島